鰹のタタキ


新鮮な鰹の刺身は絶品ですが、そんなに量を食べれる物でもないので、背身はタタキに。



玉葱を薬味にするときは、使う30分前に切って空気にさらしておくと辛みが消えて甘くなります。
しゃきっとした歯ごたえを期待する場合は水でさらした方がいいんですが、そうすると栄養価が下がります。
この他、大葉、茗荷、生姜、いろいろな薬味が使えます。

玉葱を薄くスライスする
ニンニクも薄くスライスする。
ワケギは小口切りにする。

大きめのボールに氷を張った水を用意する。
ウロコを取った鰹の背身を皮付きのまま串に刺してコンロの直火で焼く。
表面が焦げて油が飛んでバチバチ言うくらいが良いかんじですね。
あまり弱火だと中まで火が通ってしまう。
適当に焼けたら氷水に突っ込んで身を絞める。
切り分けて皿に盛り、薬味を盛りつける。
ポン酢などを掛け回す。

藁が手に入れば、藁の火で焼くと火力も香りもいいらしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA