青椒肉絲:チンジャオロース(鶏胸肉編)

青椒肉絲:チンジャオロースー

脂身の少ない牛もも肉や豚もも肉でつくることが多いようですが、経済的な事情により鶏胸肉で作ってみました。
けっこういけてます。てか、ぜんぜんOKっす。
マジご家庭で気軽に本格中華が楽しめるっす。

[材料]

  • 鳥胸肉   250g
  • ピーマン  5個

    鶏肉の下味

  • 紹興酒  大サジ1/2
  • 醤油   大サジ1/2
  • 卸大蒜  大サジ1/2
  • 塩    少々
  • 胡椒   少々
  • 片栗粉  大サジ1/2(同量の水で溶く)
  • 植物油  大さじ2

    炒め調味料

  • 紹興酒  大サジ1
  • 醤油   大サジ1/2
  • 牡蛎油  大サジ1/2
  • 卸生姜  大サジ1/2

[作り方]

  1. 鳥肉の皮と脂肪を取る
  2. 6mmくらいの厚さに切る
  3. 更に縦に6mmくらいの厚さに切って棒状にする。
  4. 下味の材料によく混ぜて漬け込み10分置く
  5. ピーマンを4mmくらいの拍子切りにする
  6. 炒め調味料を混ぜておく
  7. 鍋に油を熱して鳥肉を炒める
  8. 鳥肉に火が通ったら取り出す
  9. 鍋に油を足してピーマンを炒める
  10. 肉を鍋に戻す
  11. 炒め調味料を合わせて全体に味がまわったら完成

備考:鶏皮は冷凍保存ができます
   ピーマンは炒めすぎないこと
   テフロンのフライパンは焦げ付かないので便利

追記:最初タイトルに青椒肉絲(チンジャオロオス)と表記したが、鶏の場合は青椒鶏絲(チンジャオチィス)とするらしい。中国で「肉(ロー)」とは豚肉のことで、牛肉で作るとこれが青椒牛肉絲(チンジャオニュウロウス)となるらしい。

2 Comments
  1. 最近はレシピを見ないで作るので、中華の味の構成についてはカンが育ってないため敬遠しておりました。
    調味料は意外にシンプルなんですね。
    買い足す必要がありそうなのは、紹興酒とオイスターソースくらいで、あとは普通に家にあるようなものばかり。
    わー、今度試そう(^^)

  2. どうもです〜。オイスターソースは無いと淡白すぎるかも。ピーマンはもう少し日照量が増えて甘くなってからの方が美味しいですね。とにかくピーマンに火を通しすぎない事です。
    中華料理はやっぱりちゃんとした所で勉強するのが一番です〜。ここなんかお勧めですよ。
    ttp://www.ohtaya.com/
    非常に合理的な組み立てしますよね〜。
    で、例のミキサーどうよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA