紫花豆

紫花豆

紫花豆

とある山間部のお土産屋で花豆が安かったので買い求めてみると「中国産」の文字が!
中国地方ってことではないみたいで、土産物屋のばあちゃんにやられたって感じです。

前回、白花豆を炊いたときの記録を元に反省を活かしてみましたが、
タンニンの出ない花豆は煮汁を交換する必要はないが、交換しないとかなり黒く煮えるという現実に突き当たりました。道は険しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA