塩豚と豆とキャベツの煮物(オーベルニュ地方風)

塩豚と豆とキャベツ

塩豚と豆とキャベツ

先日作ったプティサレと冷蔵庫に残ってたキャベツとカレーに使った豆の残りで。キャベツだけでも豆だけでも良いみたいですが、両方あったので使ってみました。

豆はチャナ豆でヒヨコ豆の引き割りです(正確にはちょっと種類が違うらしい)。フランスだとガルバンゾー豆になるのかな。味はトウモロコシに良く似てます。見つけたレシピだとレンズ豆を使ってるようでした。金時豆を使うとベイクドビーンズに限りなく近づきますね。

参考にしたレシピとか

http://studio.national.jp/cooking/detail.do?recipeid=1100000183

http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/joy/chef/060223_sale/index1.html

http://www.tec-tsuji.com/recipe2002/chef/cf0046/index-j.html

  1. 豆は水に浸けて適当に戻しておきます。豆の種類や乾燥具合で時間を調節して下さい。煮崩れても問題ないので一晩くらい戻しておくといいかも。缶詰めを使っても問題ないと思います。
  2. 豆が被るくらいの水を入れて灰汁を取りながら柔らかくなるまで煮ます。
  3. その間に塩豚を1.5~2cmくらいの厚さに切って弱火にかけたフライパンで表面に焦げ目を付けるようにじっくり焼きます。
  4. 塩豚に適当に焦げ目がついて脂が抜けたら、鍋に入れます。脂はとっておいて他の料理に使うといいかもしれません。
  5. キャベツは適当にちぎって上から被せます。芯も切って入れてしまいます。
  6. 暫く蒸し煮するとキャベツが柔らかくなって全体が水に漬かるようになると思いますが、水が足りないようだったら足して、そのまま2〜3時間煮込みます。
  7. 最後に塩胡椒で味を整えて出来上がりです。フランスパンと相性がいいです。トースト&ベイクドビーンズのようにパンに塗って食べて下さい。

バラ肉を使ってるせいか食べていると洋風の東坡肉のように思えますが、プティサレは肩ロースや骨付きロースでも作るようです。発祥は多分違うと思いますが、世界中に似たような料理はけっこうあるってこってすね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA