塩ホルモンの野菜炒め

塩ホルモン

塩ホルモン

近所のスーパーでフレッシュの豚の小腸が手に入ったので、北海道で流行っているという塩ホルモンをつくってみました。ホルモンだけだと寂しいので、長ネギとニラともやしを一緒に炒めています。

ホルモンの臭いが気になる場合は、茹でこぼして使うといいと思います。今回は給湯器のお湯で2〜3回洗いました。

ホルモンを焦げ付かない程度の中火で気長に炒めて油を出し、カリッとさせるのがコツです。焦げ付いたらフライ返しでがんがん剥がしながら炒めましょう。ニンニクと胡椒が味の決め手になるのでケチらずに。胡椒は挽きたての黒胡椒を使うようにします。

塩ホルモン

塩ホルモン

そして焼きたてのホルモンにはビールが似会います。私はアルコールがだめなのでビールテイスト飲料で。

[材料]

  • 豚小腸 400g
  • 長ネギ 1本
  • にら  1束
  • もやし 1袋
  • ニンニク 5片
  • 胡椒

[塩ホルモンの野菜炒め]

  1. ニンニクは刷り卸して、ネギは斜め切り、ニラは短冊に。
  2. ホルモンにニンニク、塩、胡椒を揉むように混ぜ込む
  3. フライパンを熱くしてからホルモンを投入する
  4. 最初は水分が出るので強火で飛ばし、焦げない程度の中火でじっくりと脂を出す
  5. ホルモンがカリッとしたらネギをいれ、ざっと炒めてニラも入れる
  6. 強火でモヤシを炒めてしゃきっと火が回ったら皿に敷く
  7. フライパンにホルモンを戻して、ニラも入れ強火であおる
  8. モヤシの上に乗せて胡椒を追加でふりかける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA