2

ゲーン・ペッ・ヌア

_5173752
ゲーン・ペッ・ヌア

前に紹介したゲーン・ペッ・ガイの牛肉版です。ガイは鶏でヌアが牛、ムウが豚、クンがエビとなるようです。
ココナッツミルクで肉を煮ると柔らかくなるので、どの部位を使っても美味しくできます。今回はOGビーフのステーキ用もも肉を使いプチトマトと筍をあわせてみました。牛肉は味が濃いので辛いホワイトシチューのようなカレーができました。
アジアフーズ のサイトでは茄子とエビ、カボチャと豚のような組み合わせが紹介されてますねえ。是非試してみたいです。

タイのカレーは煮込まないので短時間でできます。調理過程の雰囲気はむしろ味噌汁に近いかもしれません。

[材料]

  • 牛肉 300g
  • タケノコ 100g
  • シメジ 50g
  • プチトマト 10個
  • ココナッツミルク 1缶(400cc)
  • レッドカレーペースト 50g
  • バイマックルー 3枚
  • ナンプラー 大サジ1〜3
  • コブミカンの葉 4-5枚
  • バジルの葉 5~6枚
  • パームシュガー 適量

[作り方]

  1. 牛肉は削ぎ切り。
  2. タケノコは一口大に切る。
  3. プチトマトはヘタをとる。
  4. コブミカンの葉は中央の繊維を取ってちぎっておく。
  5. 鍋にココナッツミルクの濃い部分を50ccほど温め、溶かす。
  6. レッドカレーペースト入れ、香りが出るまで焦さないように炒め煮する。
  7. 牛肉とコブミカンの葉を入れる。
  8. 牛肉の表面の色が変わるまで焦さないように炒め煮する。
  9. たけのこ・シメジを加え、ココナッツミルクの薄い部分を入れて10分くらい煮て火を通す。
  10. 残りのココナッツミルクを加える。
  11. ナンプラーとパームシュガーで味を整える
  12. 沸騰直前まで温めてバジルの葉を入れ完成

コブミカンの葉は抗がん作用もあるらしいので食べれるくらいに細かくしておくと健康に良いかもです。

Tags:

2 thoughts on “ゲーン・ペッ・ヌア

  1. これを楽しんでいらっしゃるときに無粋な電話をしたんですね、、、まだ むかついておりますが 私は我慢します

    いつも迷惑をおかけして重ね重ね すみませんです 

  2. 我慢は身体に悪いですよ〜。春先はストレスでおかしくなる人も多いですから。むかついたらどんどん文句を言いましょう。
    とりあえず昨日は20歳年下の女性から散々しかってもらいましたから〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA